2011年03月27日

チャリティーマッチ 京都−C大阪

IMG_0039.jpg

昨日は雪混じりの西京極へ。

とにかく寒かった。

ユルネバが流れた後、FIFAアンセムで選手入場。

黙祷の後、応援自粛で静かな中キックオフ。

大木さんが監督になっての京都は初めて見るが、さすがに去年までとは変わった印象。

ボールを奪う意識、ボールを奪ってからのオフザボールというか、

スペースにボールをもらいにいく意識が大分良くなったんじゃないかな?

縦への意識も高くなって、去年までのようにサイドで手詰まりになって

どんどんボールを下げるみたいな事が無くなった気がした。

ただ、クロスの精度とフィニッシュの精度、それと90分間運動量と集中が

持たないところは今後の課題かな?

まがりなりにもACL出場のJ1チーム相手に互角の試合をしていながら

決定機で決められないでいるとセットプレーで失点。

その後与えた追加点はクロスに中のマークがまったくつかず

ピンパォンにドフリーでヘディングされてた。

そういえば、試合前に募金会場で森岡コーチを見つけて、来年清水と

J1でまた戦いましょうってお話をさせてもらった。

その為にも、しっかり勝てるチームを仕上げて京都には1年でJ1に

戻って欲しいな
posted by PAPAS at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

京都0−3広島

今日は久々に弟のお供で西京極。
スタンド後方で一人座り観戦。

京都はもう、キツいね。前半から広島の狙いはロングボールをトップに当てて、ヘッドで中に折り返して裏を狙うってのだったけど、ことごとくヘッドで負けて中にこれまた綺麗に繋がりまくる。

2失点目なんかお手本のように縦パスDFラインの裏に抜かれたし(苦笑)。

攻撃も、サイドに展開するまではいいけどそっからのアイデアが無くて、手数かけすぎて相手に中固められちゃそら点も入りませんて。

順当に0−3でした。

ゴールパフォ、1点目はだるまさんがころんだ(マイクに声まで拾われてる)、3点目はビーチフラッグ。
ここまでくるともう悪フザケだろ・・・。



ちゅう訳で日射し暑くて見てて疲れる試合でしたとさ。
まあ巷で話題のけいおん痛ゲーフラ見れたしいいかw

101002_1229~0001.jpg

タグ:観戦記
posted by PAPAS at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

京都0−4浦和

更新遅くなりましたけど、こないだの水曜は久々に西京極へ。
結果的に後半守備(というかチーム)が崩れて4点獲られた訳だけど、京都も前半は0−0でいってるんでね。
攻撃陣が点取れなかったらそら後ろも踏ん張れなくなるなと。
攻撃の迫力がホント皆無だった。
・・・もちろん失点シーンのお粗末さを棚に上げる訳じゃないけどね。

監督を変えるのはいいんだけど、毎度のように内部昇格でしょ。ましてコーチ経験しか無い人だよ。
多分いつものような過ちを繰り返すんじゃないかなぁ、と個人的には思った
タグ:観戦記
posted by PAPAS at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

京都1−0名古屋

更新すっかり遅くなったけど、日曜は西京極にナビスコ予選京都−名古屋を観に行ってきた。

こないだまで守備崩壊して散々だった京都は3バックに変更してから安定、一方の名古屋は代表、怪我人、出場停止で苦しい布陣。

試合はしっかりブロック作って守った京都が柳沢の素晴らしいゴールを守りきって勝利でした
タグ:観戦記
posted by PAPAS at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

京都1−2山形

土曜はお付き合いで西京極、この日はメインスタンドへ。
真後ろに座った少年がエスパルスの本田拓也が云々〜と話してたのが気になりつつ観戦。どうやら先週の万博に行ってた模様。

で、同時刻開催のアウスタの試合を携帯でチェックしながらだったのでしっかり見れてた訳じゃないけど(あと最前列なんでベンチやアウスタのバックスタンド最前列よりピッチから遠いエキサイティングシートが邪魔で一部見にくかった)、前回見た時よりサンガがボールを支配して攻め込んでる印象。
で、角田の多分折り返したつもりのボールがふわりとキーパーの頭上を越えてゴールに吸い込まれて京都が先制。あれ、狙ってやったのなら技ありなんだけど。

後半も相変わらず京都ペース。
個人的にはどう考えても違和感のある右SHの西野が下がってその位置にFWにいた柳沢、柳沢の位置に新加入のドゥトラって交代があってからは更に攻め込む。
が、シュートの精度、意識が悪く、追加点を取れない。

清水の試合を多く見てる私なら容易に想像できる展開。
終了間際に2点取られてゲームをひっくり返される。

やっぱ決める時に決めないとこうなるよねえ、というお手本のような試合でした
ただフィニッシュの制度が
タグ:観戦記
posted by PAPAS at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする