2012年07月26日

GWの鎌倉旅行記

もう数ヶ月経ちましたけど、GWにひとり鎌倉へ行ってきました。
前回鎌倉に行ったのが、確かお台場ガンダムを見る前に寄ったので2009年だから3年ぶり。
長文・写真多めの今更な旅行記です。



伊豆にある嫁さんの実家を早朝に出て、伊豆箱根鉄道、東海道線と乗り継いで藤沢に着いたのが9時前。
JRを降りて、江ノ電の改札へ行くと、既に多くの人出。

まずは改札向かいの売店で、江ノ電グッズをいきなり物色。
荷物になるけど、見かけた時に買っておかないとと思って早速買ったけど、結果的にはこの判断が正解。
結局その後江ノ電のグッズショップ関連には寄れなかったから。

1日乗車券のりおりくんを買って江ノ電に乗車。
車内はほぼ満員。
この時間でこの混み具合だと、この先本当に乗れなくなるなと覚悟を決める。

10分ほど乗って、江ノ島駅で下車。
先程見た通り、GWの鎌倉・江ノ電の混雑はすごいものがあるので、今回はひたすら歩きながら江ノ電を中心に撮ろうかなという予定。

まずは藤沢方向に少し歩いて店内から目の前を走る江ノ電が見られると話題のカフェ日月日さん前で撮影。

江ノ島駅近くにて
江ノ島駅近くにて posted by (C)paharajha

次に、江ノ島〜腰越駅間の併用軌道を歩きながら撮影。

併用軌道
併用軌道 posted by (C)paharajha

海辺の風景
海辺の風景 posted by (C)paharajha

併用軌道
併用軌道 posted by (C)paharajha

明日はこどもの日
明日はこどもの日 posted by (C)paharajha

300形
300形 posted by (C)paharajha

神戸橋
神戸橋 posted by (C)paharajha

さすがにお店もほとんど開いてない時間なので、車も人通りもまだ少ない道を歩いて腰越駅到着。
腰越からは路地を歩いたりして源義経ゆかりの満福寺へ。
境内の拝観受付のところに猫がいました。

満福寺の猫
満福寺の猫 posted by (C)paharajha

満福寺から江ノ電
満福寺から江ノ電 posted by (C)paharajha

満福寺から少し歩くと海に出る。
海岸沿い、江ノ電沿いにてくてく歩く。

腰越〜鎌倉高校前間
腰越〜鎌倉高校前間 posted by (C)paharajha

鎌倉高校前近くの踏切
鎌倉高校前近くの踏切 posted by (C)paharajha


鎌倉高校前駅。
ホームのベンチに座って海を眺めながらひと休み。

鎌倉高校前駅
鎌倉高校前駅 posted by (C)paharajha

鎌倉高校前駅ホームより
鎌倉高校前駅ホームより posted by (C)paharajha

鎌倉高校前駅
鎌倉高校前駅 posted by (C)paharajha


さらに歩く。
そろそろお腹が空いてきたけど、お店はまだ開店前だったり観光客で一杯だったり。
海を眺めながら食べられるファーストキッチンも横断歩道を渡るのに遠回りしなければいけなかったので、何も食べずに先へ進む。

鎌倉高校前駅〜七里ヶ浜駅間
鎌倉高校前駅〜七里ヶ浜駅間 posted by (C)paharajha

七里ヶ浜あたり
七里ヶ浜あたり posted by (C)paharajha

七里ヶ浜〜稲村ケ崎間
七里ヶ浜〜稲村ケ崎間 posted by (C)paharajha

七里ヶ浜の駅を過ぎて、更に線路沿いを歩いたところで2つの事が分かってきた。
ひとつは、各駅での乗降に時間がかかってる為だと思うが日中12分間隔で走っている江ノ電が多分遅延しているという事。という事はシャッターチャンス(江ノ電に出会う回数)も普通より少なくなっている。
もうひとつは、いつもなら気にならない程度の観光客が今日は多すぎて、江ノ電をバックに記念撮影する家族連れなんかも多く、どうしてもそういう人たちが写真を撮ってると写り込んでしまうということ。

そんな訳なので、写真を撮るのも半ば諦め気味で更に先に進んだ。

稲村ケ崎駅近く
稲村ケ崎駅近く posted by (C)paharajha

稲村ケ崎駅近く
稲村ケ崎駅近く posted by (C)paharajha

稲村ケ崎駅に着いて、そろそろ昼食。
駅の目の前にあるデリカバー 燦 MIRASOLEというお店。
惣菜をテイクアウトできるという事なので、ここで買って稲村ケ崎あたりで食べようかと思っていたのだけど、多分公園に行っても人で一杯だろうし、店内にも少し食べられるスペースがあったのでカウンターに一人座ってみた。

625c4736959611e1af7612313813f8e8_7.jpg

デリカバーという事で、バー要素もある・・・というか店の雰囲気はどっちかというとバー寄り。
最近すっかり飲まなくなったので、ノンアルコールで。
キーマカレーとかサーモンマリネとか、あと焼き鳥も焼いてもらった。
今回は頼まなかったけど、ケースに並んだタコなどの味付けごはんのおにぎりも美味しそう。
これは時間があれば腰を据えて飲みたいなぁ。
いい店を見つけた。

お腹がふくれたので、再び移動開始。
相変わらず江ノ電に沿って極楽寺方面へ。
極楽寺の駅に着くと、見た事もない人だかり。
駅をバックに記念写真を撮る人多数。
先日まで放送されていた某ドラマの影響ですね。テレビってすごいね(苦笑)。

本当はこのあたりから江ノ電に乗ろうかとも思ってたんだけど、そんな喧騒の中に入って行くのが嫌になって更に歩く。

極楽寺駅
極楽寺駅 posted by (C)paharajha

トンネル
トンネル posted by (C)paharajha

アジサイや、最近はパワースポットとして有名らしい成就院や、極楽寺坂切通しを越えると、ほどなく長谷の御霊神社。
その門前にある力餅家で名物の力餅を食べようと思っていたんだけど、ここにも行列。
そういやここも某ドラマに出たんだっけ。
確かに有名なお店で美味しいんだけど、このお店に行列ができているのは初めて見たので若干げんなりしてしまい、行列に並ぶ事無く御霊神社へ。

御霊神社
御霊神社 posted by (C)paharajha

こちらも境内や鳥居の目の前を走る江ノ電の踏切周辺には多くの人。
何度も来た事あるのでお参りだけして再び歩く。

もう、ここまで来たなら・・・という事で、近くにある某ドラマのモデルになった「カフェ坂の下」の前を冷やかし。
案の定大行列でした(苦笑)。

そのまま134号線に出て海沿いを歩きながら長谷駅前を通り由比ガ浜大通りへ。
甘いものが食べたくなったので、こちらは並ばずに買えた麩帆さんで麩まんじゅうをテイクアウト。

次にsyocaさんという絵本と本のための家具を売ってるお店へ。
この時は所用でブックエンドが必要だったのでひとつ購入。
店内はお洒落な本周りの雑貨や絵本が沢山並んでて、次は家族みんなで訪れたいと思った。

syocaさんを出て、人で一杯の道を歩いて鎌倉裏駅・御成通りの方へ
丁度この日、おなり青空マーケットというイベントがやっていたので見物。
Tシャツやら雑貨やらの出店を見て回る。

おなり青空マーケット
おなり青空マーケット posted by (C)paharajha

このあたりから段々雲行きが怪しくなってきた。
藤沢に着いた時は晴れていたので傘は持っていない。
空模様を気にしながら若宮大路を渡り、次に向かったのは古本・リトルプレスのbooks mobloさん。
本好きとしては、鎌倉にまた素敵な場所ができたんだなぁという感じ。
入手しそびれてたフリーペーパーKAMAKURAと、古書で娘に絵本を一冊購入。
お店の方と少しお話させてもらって辞去。

そしてお店を出て暫くしたら、とうとう雨。
最初は傘なしでも気にならない程度だったけど、次第に本降り、そして豪雨。

早歩きでズブ濡れになりながら、材木座まで歩いてTurtoiseさんへ。
ここの服が前から好きで、まあ通販や京都大阪に取り扱い店もあるんだけど、やはり鎌倉に来たら本店に立ち寄りたいもの。

DSC_0359.jpg

家族三人分のシャツを買って、丁度お店の目の前がバス停なのでバスが来るまで店内で待たせてもらう。
鎌倉駅行きのバスが来て、店を出てバスに乗るほんの数秒でまたズブ濡れになりながら乗車。

鎌倉駅に着けば、雨は上がり晴れ間も(苦笑)。
そろそろ帰る時間が気になってきたので、先に土産を買う事に。
界隈のお店はどこも大混雑だったので、定番だけど若宮大路の豊島屋本店へ。
他のお店同様、ここも店内大混雑だったけどさすが大量の観光客を捌き慣れているからか、ストレスなくすんなり買い物ができた。
定番の鳩サブレーの他に、お土産に丸いトランプ「はっトランプ」も購入(参考リンク)。

買い物を済ませ、もう1回くらい江ノ電乗れるかなぁ・・・と小町通りからJRを渡り鎌倉駅西口まで来たものの、まだ乗車するのに40分待ちとかアナウンスされていたので諦めてJRの改札をくぐる。

これで数年ぶりの鎌倉旅行は終了。
久々に行ったので、行きたいところが多すぎて、その全ても回りきれなかったし、GWで人が多すぎて結果的に江ノ電江ノ島駅から材木座までずっと歩く(マピオンのキョリ測で計ったら10km弱だった)というバカみたいな行程でかなり疲れたけど、それでもやっぱり行って良かった。

次はまた来年のGW頃かな。
こんどはもう少しゆったりした行程で、鎌倉の休日をのんびり過ごしたいと思ってます





posted by PAPAS at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする