2011年04月12日

【漫画】神戸在住

神戸在住/木村紺



神戸に住む女子大生と、その周辺の人たちの生活を丁寧に切り取った漫画「神戸在住」。

主人公自身は東京出身で、親の転勤で神戸に引っ越してきたという設定なので

震災は経験していないが、作中では主人公の周りの人たちの被災経験という形で、

阪神大震災の事が綴られる。


中々報道には出ない避難所内での生活。

ボランティアのリーダーとして避難所内で動きまわる青年。

絶望の中で、それでも前向きに復興に向けて取り組む人たち。


今回の震災以前にも、各地で大きな地震が起こる度に、何度も読み返した。

もちろん震災話以外にも素敵な話が沢山詰まっていて、一人の女子大生の

日常を切り取った漫画として隠れた名作だと思うのだが、やはりこの

作品のキモは震災の話なんじゃないかなと思う。


丁度、作者の木村紺さんがアフタヌーンのweb上にPDFで被災地応援漫画を寄稿された

神戸在住完結後、作品ごとにまったく異なる画風で次作を描かれる作者の、

久々に神戸在住の頃の筆致が見れて懐かしい限り。


震災のエピソードは1巻と3巻に掲載。こんな時だからこそ読みたい1冊

 



posted by PAPAS at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。